スタッフブログ

 

今回のコラムは、膀胱で一番多い腫瘍とされている膀胱移行上皮癌についてです。

 

移行上皮癌は局所浸潤(周辺に拡大)や遠隔転移(遠くに飛ぶ)をしやすい腫瘍で、根治が難しい腫瘍ではありますが、早期発見し、尿の通り道を確保できれば、高いQOLを維持しつつ進行を遅らせることも可能です。

 

繰り返される血尿、頻尿など、治りにくい慢性症状でお悩みの子は一度診察を受けてみることをお勧めします。

 

 

膀胱移行上皮癌とは

膀胱粘膜上皮細胞から発生する悪性腫瘍であり、尿路系の悪性腫瘍では最も頻度が高いと言われています。また、リンパ節や肺、骨、腎臓など様々な臓器に転移しやすく、発見時に約20%、死亡時に約60%の症例で転移がみられるとの報告があります。

 

 

 

 症状

初期の病変は頻尿、血尿など、一般的な膀胱炎や尿石症で見られる症状と似ています。進行すると、尿路の閉塞による排尿障害(尿がうまく出せない)がみられるようになり、QOLを大きく損ないます。完全な尿路閉塞が起こると、急性腎不全を引き起こし、命に関わります。また、転移の部位によって、呼吸困難(肺転移)、疼痛(骨転移)などが見られます。

 

 

診断

病院では、まず第一にエコー検査で膀胱や周囲組織の形態を確認します。可能であれば尿検査も実施し、悪い細胞が出てきていないか確認します。

 

 

そこで移行上皮癌が疑われる場合には、腫瘍をエコーで見ながら尿道カテーテルを挿入し、刺激、吸引することで、尿(膀胱洗浄液)、腫瘍細胞を採取します。その細胞で細胞診を行うと同時に、採取した細胞を集めてセルブロック(セルパック)という塊を作り、病理組織検査を実施します。

 

得られた尿(膀胱洗浄液)で腫瘍マーカーを調べるのも非常に有効です。現在BRAF遺伝子変異検査V-BTA検査HER2検査などが利用できます。

 

その後、血液検査、X線検査やCT検査で全身の状態や転移、浸潤の状態を把握し、腫瘍のステージを決めていきます。

 

 

治療

外科療法

膀胱部分摘出:腫瘍が一部に限局している場合に行います。膀胱は80%まで切除可能と言われており、機能は温存されますが、膀胱を残している分再発リスクは高いです。

 

膀胱全摘出:腫瘍の浸潤が強く、膀胱三角部を含む膀胱全域に拡大している場合に根治目的、緩和目的で行います。術後は尿路変更により尿失禁が続くため、生涯おむつによる管理が必要です。

 

化学療法

・消炎鎮痛剤などで使用されるNSAIDs:ピロキシカム、フィロコキシブなど

 

・いわゆる抗がん剤:ミトキサントロン、ドキソルビシン、ビンブラスチン、クロラムブシルなど

 

・分子標的薬:ラパチニブ、トセラニブなど

*ラパチニブは人の乳癌に用いられている薬剤です。近年の研究でHER2を発現している犬の膀胱移行上皮癌に対して高い治療効果が認められており、注目されています。

 

これらの薬剤を個々の状態を見極めながら組み合わせてプロトコルを作成し、治療を行います。

 

放射線療法

・あまり一般的ではないですが、緩和的治療として使われることがあります。今後の科学技術の発達により治療成績の向上が期待されています。

 

 

院長からのひとこと

慢性の泌尿器症状がある場合、特に高齢の子ではすぐにお近くの動物病院に相談してください。膀胱の超音波検査は痛みや負担のない検査ですので、健康診断時にも見ておくのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

院長 田中啓之(獣医腫瘍科認定医Ⅱ種)

2022年11月1日更新

今回は10月に当院で開催した防災トレーニングセミナーと、

東京都獣医師会多摩西支部の活動として参加した防災フェスタくにたち2022についてお話したいと思います。

 

10月2日(日)に当院で防災トレーニングセミナーを開催しました。

 

 

前半は「人とどうぶつのための防災基礎知識」と題して、防災士(獣医師)から避難所の現状や事前準備のポイント、備蓄品の紹介をしました。

 

大切などうぶつを守るためには、人の命と健康を守らなければなりません。

 

何かあってもきっと給水車がくるから大丈夫!と思っても、過去の災害では水をもらうにも長蛇の列で健康を崩された方もいらっしゃいました。

 

病院受付では「人とどうぶつのための備蓄品チェックリリスト」を無料で配布しています。

 

コツコツ準備を進めていきましょう。

 

後半は当院のパピークラスを担当している獣医師によるハウストレーニングの実践練習を行いました。

 

災害時、避難所や一時預かり施設ではケージやクレートで過ごすことが多くなります。

 

ハウスを得意にしておくことは大切などうぶつへのプレゼントだと思っています。

 

人から見ればただ入るだけなのに・・・と思ってしまいますが、

先生によると、わんちゃんにとっては洞窟探検みないなもの。

 

怖がるわんちゃんは多いですよね。

 

無理なくトレーニングできるよう、丁寧にアドバイスがありました。

 

参加していただいた方からは、沢山質問も出て喜んで頂けました。

 

参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

 

 

 

続いて10月23日に開催された防災フェスタくにたち2022についてです。

 

東京都獣医師会多摩西支部のブースでは、今回「人とどうぶつの防災クイズ」を準備しました。

 

 

 

 

 

なんと100名以上に参加して頂きました。

 

こどもたちも一生懸命考えて取り組んでくれました!

 

難しかったけど勉強になりました、などの声をいただき大変嬉しかったです。

 

参加していただいた皆様、ありがとうございます。

 

今後も武井動物病院では人とどうぶつの防災に取り組んでいきます。

 

 

 

 

↑くにニャンもお仕事頑張っていました

 

 

 

2022年11月1日更新

先日はパピークラスの対象年齢より少し大きくなった子たちのために、

 

2日間に分けて、パピーパーティ(お悩み相談と子犬同士のプレイセッションの会)を開催しました。

 

悩みも様々でしたが、先生と話し合いながら解決方法を考えていきます。

 

プレイセッションでは積極的に関われる子もいれば恥ずかしがり屋の子も。

 

人から教えられることだけでなく、子犬同士の関わり合いの中で学ぶこともあります。

 

 

現在、通常のパピークラスも開催しております。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

↓パピーパーティの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月6日更新

 

今年もバレンタインデーが近づいてきました。

 

この時期に頻発するのが、「知らない間にチョコレートを食べてしまいました!」という相談です。

 

ワンちゃんネコちゃんにチョコレートはあげてはいけないという話は耳にされたことがあるかと思います。

 

今回はそこをもう少し掘り下げて解説します。

 

 

チョコレートの何がダメ?

 

カカオに含まれるテオブロミンという成分がチョコレート中毒の主な原因です。

 

キサンチン誘導体で中枢神経興奮作用や心血管系興奮作用があるカフェインに似た成分と言った方がイメージが湧きやすいでしょうか。

 

犬は遺伝的に代謝酵素を欠損している場合が多く、また人間に比べて体が小さいので影響が出やすいのです。

 

 

 

どれくらい食べたら中毒になるの?

 

様々な報告があるため一概には言えませんが、テオブロミンを体重1kgあたり20mgの摂取することで軽度の症状が出る可能性があります。

 

 

テオブロミンのLD50(50%の個体が死亡する摂取量)は体重1kgあたり100-200mgと言われています。

 

 

でもテオブロミンの量で言われてもいまいち想像しにくいですよね。

 

 

チョコレートの量に換算するとどれくらいになるのかというと、20mgのテオブロミンを含むには、ココアパウダーで0.2-1.9gダーク(ビター)チョコレートで2.3-4.5gミルクチョコレートで9.5-20g、という報告があります(Bate N et al, 2015)。

 

 

 

つまり、上記の量に体重を掛け算した量が中毒量ということです。

 

 

ホワイトチョコレートはかなりテオブロミン濃度が低いので問題になる可能性は低いようです。

 

 

ただし、製品によってもテオブロミン量に幅があるのであくまで参考と考えたほうがよさそうです。

 

 

また、感受性には個体差があるため自己判断は禁物です。

 

 

 

どんな症状が出るの?

 

チョコレートを食べてから通常2-4時間、場合によっては6-12時間で発症します。

 

 

主な症状は嘔吐や下痢、腹痛、唾液が沢山出る、多飲多尿、胃拡張、興奮、頻脈や徐脈、痙攣、頻呼吸、チアノーゼ、運動失調等です。

 

 

しばらく経ったのちに膵炎を引き起こすこともあります。最悪の場合死に至ります。

 

 

 

食べたらどうすればいいの?

 

まず落ち着いて病院に連絡をください(夜間の場合は救急病院へ)

 

 

その際に伝えることとしては、どのような種類のチョコレートをいつどれくらい食べたか、おおまかな体重現在の症状(上記のような症状など)です。

 

 

あまりにも摂取量が少ない場合や時間が経ちすぎている場合には経過観察になることもありますが、来院をお願いすることが多いです。

 

 

来院したのちに、可能であれば催吐処置(お腹に残っているチョコレートを吐かせる)をし、胃洗浄を行う場合もあります。

 

 

輸液活性炭の経口投与も有効です。痙攣や不整脈に対しては対症療法を行う必要があります。適切な処置を行えば予後は良好です。

 

 

 

院長からのひとこと

チョコレート中毒に関してはほとんどの場合が、こっそり食べていたパターンです。特に犬は匂いでチョコレートのありかを察知し、頑張って食べようとします。届く所にチョコレートを置かないというのが一番の予防です。届かないと思っていた所に届くことがあるので、確実に届かない所に置くようにしましょう。

2022年2月12日更新

 

 

お店やweb上にワンちゃんネコちゃんのフードは無数に溢れており、どのフードを選べば良いかわからない。。

 

 

体質や病気などを考えてうちの子に合ったフードがピンポイントであれば良いのに。。

 

 

そのように感じた経験はありませんか?

 

 

そこで今回は、当院で利用可能になった「オーダーメイドフード」プログラムを2つ紹介します。

 

 

 

 

 1.ロイヤルカナンINDIVIDUALIS(インディヴィジュアリス):犬、猫対応

 

 

ロイヤルカナンが一頭一頭に最も適したフードを目指し10年以上かけて開発したアルゴリズム(計算式)を使い、獣医師の診断のもとに病気や体質に合わせた約5000通りのオリジナルフードを作製できます。

 

 

当院では全国に先駆けて導入しました。

 

 

体質的に今までのフードでは合うものがない子複数の病気を抱えておりフード選びに困っている子などにおすすめです。

 

病気の予防や太りやすい子への対応なども可能です。

 

 

 

 

 2. CALL ONE(コールワン)腸内フローラケア:犬対応

 

 

 

近年犬においてもうんちを用いて、「腸内フローラ」という腸内細菌の住み着き具合、バランスを調べることが可能になってきました。

 

 

腸内細菌が全身の免疫や体調に関わっていることも明らかになっています。

 

 

その腸内フローラ検査の結果をもとに、個々の体質、体重、年齢に合わせてオリジナルフードを作製できます。

 

おなかの調子が良くない、毛並みや毛ヅヤが悪い、太りやすい、アレルギー症状がある子などにおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

身体は日々のフードから作られています。

 

フードを適切なものに変更することで、体調が改善したり病気を予防できる可能性があります。

 

オーダーメイドフードについて、詳しい内容や注文の流れなどは診察の際にご説明しますので、気になる方はお気軽にお尋ねください。

 

まずは説明を聞いてみたいという方も遠慮なくどうぞ。

 

病院待合にもパンフレットを置いています。

 

 

武井動物病院

院長 田中啓之

2021年12月8日更新

 

9月は当院のどうぶつ防災強化月間です。

 

この度当院では

風水害に備えよう

「人とどうぶつのための避難行動段取りシート」を作成しました。

 

4つのステップに従ってシートにご自分とどうぶつのことを記入すると、

事前に何をすれば良いのかも見えてきます。

 

ステップ1  地域の災害リスクを知ろう

 

ステップ2  避難情報・防災気象情報を理解しよう

 

ステップ3  避難行動について考えよう

 

ステップ4  マイ・タイムライン(避難行動計画)を作ろう

 

 

病院受付で配布していますので、ぜひご活用ください。

 

 

2021年9月5日更新

肛門腺とは?

 

肛門を時計に見立てて4時と8時の位置に肛門嚢という一対の袋があり、通称「肛門腺」と呼ばれています(本来肛門腺は組織の名称)。そこに貯留する分泌物の形状や色は様々で、緑色だったり茶色だったり、液状のものもあればシーチキンのような固体や泥状のものもあり、その子の個性が出ます。肛門腺は、スカンクの臭腺に似ており、分泌物は独特の強い臭いを醸し出します。

 

なぜ絞る必要があるの?

 

肛門腺の分泌物は大型犬の場合、排便と一緒に絞られて排出されるので大きな問題が生じることは少ないですが、小型犬や猫では、うまく分泌物が排出されずに肛門嚢内に残存することで、違和感や痛みを感じたり、炎症を起こしたり破裂したりすることがあります。そのため、定期的に肛門嚢を絞ってこれらを予防する必要があります。

 

肛門腺の分泌物が溜まっている時の症状

・お尻をこすりながら歩いている

・よくお尻を噛んだり舐めたりしている

・お尻付近を触ると怒る

・排便時に痛がる

・肛門付近から分泌物が出ている

 

これらの症状がある場合、早めの受診をお勧めします(炎症や腫瘍、消化器疾患などの別の病気の可能性もあります)。

 

絞り方のポイントは?

 

①場所の設定:分泌物は臭いが強く、こぼれる場合もあるので、お風呂場や、周りに何もないところで絞ることをお勧めします。すぐに洗い流せない場合はティッシュを用意します。

②尻尾を上げる:この時に尾を少し頭側に持ち上げると肛門嚢が突出して確認しやすくなります

③肛門嚢の位置を確認する:肛門外周の4時と8時の位置を触ってプヨプヨ弾力があればそれが肛門嚢です。皆様が想像するより少し外側にあることが多いです。

④絞る:肛門嚢の位置が確認できたら、その少し外側に指をセットしやや頭側に指を押し込みます。押し込んだところで肛門嚢を挟み込み肛門側に分泌物を排出させます。強く押しても出ない時は押す場所が違いますので、再度場所の確認から始めましょう。

⑤後処理:綺麗にシャワーで流す、ドライシャンプーをつけて拭き取るなど、分泌物が残らないようにしましょう。

 

 

 

 

院長からのひとこと

肛門腺絞りは再診料の中に含まれていますので、定期的チェックの際に気になる方はお気軽にご相談ください。一緒に練習しましょう!

 

 

 

2021年8月7日更新

 

当院でのデンタルケアについて詳しく知りたい方はこちら「予防医療(歯周病、デンタルケア)」のページ:http://www.takei-amc.com/prevention/dental.html

 

2021年6月7日更新

今回のコラムは猫の肥満細胞腫についてです。

前回の犬の肥満細胞腫のコラムとの共通部分が多くありますので、以下のリンクもあわせてご覧ください。

どうぶつ医療コラム『犬の肥満細胞腫』

 

肥満細胞(=mast cell)とは

骨髄の造血幹細胞由来の細胞で、炎症や免疫反応に関わる細胞です。細胞質の顆粒内にヒスタミン、ヘパリン、セロトニンなどの多くの生理活性物質を含み、生体の防御機構を担っています。人で身近なものだと、花粉症などのアレルギー反応に関わっています。

図1:肥満細胞模式図

 

この細胞が腫瘍化したものが肥満細胞腫です。太っているからなるの?とよく聞かれますが、肥満とは全く関係がありません。

 

猫の肥満細胞腫は猫の腫瘍のうち約2-15%を占める腫瘍であり、以下の図のように分類されています。

 

図2:猫の肥満細胞腫の型別分類

 

より一般的なのは皮膚型です。近年の報告では、シャム、バーミーズ、メインクーン、ラグドール、ロシアンブルーなどが好発品種とされています。皮膚型のうち60%ほどを高分化型が占めており、良性の挙動をとります。低分化型の割合は約20~30%です。低分化型は細胞形態的には悪性ですが、良性の挙動を取るものも多いです。約10~20%で認められる非定型型は主に4歳以下のシャムに発生し、自然退縮することが多いと言われています。

 

イメージ

*高分化→成熟しており増殖しにくい=悪性度が低い

*低分化→未成熟で増殖しやすい=悪性度が高い

 

内蔵型脾臓型消化管型に分類され、発見時に高率に転移を起こしています。脾臓型では脾臓に発生し、肝臓への転移や肥満細胞血症(全身の血液に腫瘍細胞が見られる)が認められることが多いです。消化管型は主に小腸に発生し、広範囲に転移するなど悪性度が高く予後不良と考えられています。

図3:猫の指間部に発生した皮膚型肥満細胞腫(高分化型)

 

症状

皮膚型では基本的に皮膚腫瘤以外は無症状ということが多いです。悪性度の高い肥満細胞腫では、食欲不振、体重減少、嘔吐下痢、通過障害といった消化器症状、腫瘍随伴症候群としてアナフィラキシーショック、出血、消化管の潰瘍、貧血、胸水腹水などが認められることがあります。

 

診断

腫瘤の細胞診で診断が可能です。

図4:猫の皮膚肥満細胞腫の細胞(高分化型)

 

細胞診で診断がつかない場合、組織診断が必要です。血液検査や血液凝固検査、X線検査、CT 検査、超音波検査、骨髄生検などで転移の有無の確認、腫瘍のステージ分類を行います。また分子標的薬による治療を見越して、c-KIT遺伝子変異の検査を実施する場合もあります。

 

治療

共通して外科手術が第1選択の治療です。悪性度の高いもの、転移病変のあるものに対しては化学療法(プレドニゾロンやロムスチン、イマチニブ、トセラニブなどの分子標的薬)を状況に応じて組み合わせて行います。化学療法の効果に関しては未知の部分やばらつきが多く、今後の研究に注目が必要です。化学療法の副作用の管理も重要です。

 

皮膚型

犬では腫瘍の辺縁を広く切り取るのが良いとされていますが、猫ではどのくらい切り取ると再発しにくいかという明確な基準はなく、切除マージン(切り取る大きさ)は予後に関係ないという報告もあります。外科手術単独で良好な予後が得られることが多いです。

 

脾臓型

脾臓摘出などの治療で長期生存(中央生存期間132~865日)が認められているという報告があります。手術時に輸血や腫瘍随伴症候群の予防が必要になることが多いです。

 

消化管型

診断時点で既に広範囲に病変が拡がっており、外科手術が不適応となる場合が多いです。病変が消化管の一部に限局している場合は外科手術が可能ですが、一般的に術後の生存期間は短い(3ヶ月以内)です。近年、外科切除や化学療法により比較的長い生存(中央生存期間518日)が認められたという報告も出てきています。

 

腫瘍随伴症候群の治療

顆粒放出による症状を抑えるために、抗ヒスタミン薬、ステロイド剤、粘膜保護剤などを使用します。細胞診の検査時に必要な場合もあります。

 

院長からのひとこと

猫の肥満細胞腫は良性の挙動を取るものがほとんどですが、油断せず、早期診断早期治療を目指しましょう。悪性の挙動を取るものに関しても、治療法の研究は進んでいますので、一度ご相談ください。

2021年5月17日更新

 

多くの方に手にとって頂いた防災手帳ですが、この度、皆様のご意見等を反映してリニューアルしました。

 

 

 

くにニャンのかわいいイラストも増えました。

 

ご希望の方は病院受付にてお声がけください。

 

武井動物病院では他にもどうぶつのための防災アイテムを配布しています。

 

 

 

 

ぜひご活用ください。

 

2021年3月9日更新