スタッフブログ

 

膀胱炎とは、膀胱に炎症が起こる病気です。

 

 

 

尿が少ししかでない何度もトイレに行く血尿などの症状が見られ、犬でも猫でもこのような症状で来院されることは比較的多いです。

 

 

 

犬では大腸菌などの細菌感染が原因であることが多いですが、猫では細菌感染などの明らかな原因が見られない特発性膀胱炎が多いことが知られています。

 

 

 

【原因】

 

細菌、真菌、寄生虫の感染や、結石による刺激、膀胱内のポリープや腫瘍、薬剤などが原因で発症します。

 

 

犬の場合は、細菌感染によるものが多いことが知られています。

 

大腸菌やブドウ球菌などが主な原因です。

 

膀胱は尿道に続いているため、尿道の出口から糞便などに含まれる細菌が感染して、それが膀胱までさかのぼって炎症を起こすことが多いです。

 

 

 

 

 

 

猫の場合は特発性膀胱炎といって、細菌感染などのはっきりとした原因が見られない膀胱炎が多いことが知られています。

 

膀胱の構造の問題、ストレスや環境要因が関係しているのではないかと言われています。

 

 

【症状】

 

・頻尿

 

・尿が濁る、血液が混じる

 

・排尿時にキャンと鳴くなど痛がる

 

・残尿感があるため頻繁に排尿姿勢をとる(尿量は少ない)

 

・痛みから普段排尿する場所を恐れて別の場所で排尿してしまう

 

・元気がない

 

・食欲不振

 

 

【診断】

 

身体検査で全身状態を確認し、触診では膀胱の腫れや尿のたまり具合を確認します。

 

 

結石等により尿の出口が塞がっている状態では尿が大量に溜まっており膀胱に張りがあります。閉塞状態は大変危険なのでまず確認します。

 

 

 

尿検査では尿中の潜血やタンパク、細菌や結晶があるかなどを調べます。

 

 

エコー検査では、膀胱や尿道に腫瘍や結石等がないか、壁の厚み、粘膜の状態等を確認します。

 

場合によってはX線検査も併用します。

 

尿検査で明らかな異常がなくても画像診断で、原因が明らかになることもあります。

 

 

 

なお、頻尿などの膀胱炎の症状だけでなく発熱等全身症状が見られる場合には、全身状態を確認する必要があります。

 

 

 

【治療】

 

 

細菌性膀胱炎の場合、抗菌薬により治療を行います。

 

 

細菌の種類によって有効な薬剤が異なりますので、尿を採取して細菌を培養し、薬剤感受性検査を行います。

 

尿を採取する際、膀胱穿刺といって、エコーを見ながら膀胱に針を刺して尿を吸引する方法を用いることで検査精度が上がります。

 

 

投与は約2週間〜3週間行わないと再発してしまうことがあるため、症状が改善したからといって自己判断せずに必要な期間確実に投薬することがポイントです。

 

 

 

感染に対しての抵抗力が下がっていたり、尿石があったりすると再発する場合があります。

 

尿石用フードに変更するなどして、再発を防止します。

 

 

なお、糖尿病や腫瘍などの基礎疾患がある場合も同様ですので、基礎疾患の治療を行います。

 

 

 

 

投薬だけでなく、新鮮な水を十分に摂取できるように注意しましょう。

 

 

尿石症については詳しくはこちらへ

:どうぶつ医療コラム『尿石症』 :http://www.takei-amc.com/wp/category/blog/jin/

 

 

 

猫の特発性膀胱炎の場合は、明らかな原因は見つからないものの、環境要因やストレスが関係していると考えられています。

 

 

尿の量が減り濃縮された尿は膀胱にとって刺激になるため、このような状況を改善することが大切です。

 

 

 

 

まず飲水量を増やすために、飲水器を増やして様々な場所に置く、異なるタイプの飲水器を試す、こまめに新鮮な水に変える、ドライフードを利用している場合、お湯でふやかしたり、ウエットフードの利用を考えるなどの工夫を行います。

 

 

 

またトイレに行くこと自体がストレスになってないかを検討します。設置場所が猫にとって落ち着かないこともあるので、複数個を様々な場所に設置したり、形状の異なるトイレや猫砂を用意することも検討します。

 

 

 

多頭飼育の場合は猫の数+1個はトイレの数を用意し、排泄物が置いたままにならないよう、気づいたら早めに片付けて清潔を保ちましょう。

 

 

 

トイレ以外にも生活の中でストレスの原因がないか検討し、猫の本来の性質を考えて、少しでもストレスを低減する工夫を行います。

 

引っ越しなど生活パターンが変わった時などは要注意です。

 

また最近では、ストレスを軽減するフードやサプリメント、部屋に置くフェロモン剤などが治療に使用されています。

 

 

 

なお、膀胱炎による痛みが強い場合は鎮痛剤を用いることがあります。

 

 

排尿について、いつもと違う様子が見られたら早めに病院に相談してください。

2020年6月2日更新

 

尿石症は尿路系(腎臓・尿管・膀胱・尿道)結石ができて様々な症状を起こす病気です。

 

尿に含まれるカルシウム、リン、マグネシウムなどの成分が結晶化して次第に大きくなり結石(尿石)となります。

 

結石が尿路の粘膜を傷つけると頻尿排尿時の痛み血尿などが見られます。

 

尿路を完全に塞ぐと腎臓に尿がたまる水腎という状態になったり膀胱破裂尿道破裂など危険な状態になります。

 

結石が存在する場所によって、腎結石尿管結石膀胱結石尿道結石に区別されますが、

 

犬と猫では膀胱結石尿道結石が多いといわれています。

 

また尿石はその組成によって以下のように分類されます。

 

・リン酸アンモニウム・マグネシウム(ストルバイト)結石

 

・シュウ酸カルシウム結石

 

・尿酸結石

 

・シスチン結石 など

 

犬猫で多いのはリン酸アンモニウム・マグネシウム(ストルバイト)結石シュウ酸カルシウム結石です。

 

このコラムではこの2つを中心に解説します。

 

 

【原因】

 

尿石の形成には以下のような様々な因子が関わっています。

 

 

リン酸アンモニウム・マグネシウム(ストルバイト)結石

 

・尿中のアンモニウムとマグネシウムのリン酸塩が高い濃度で含まれていること(①)。

 

・尿のpHがアルカリ性に傾いていること(②)。

 

で形成されます。さらに

 

・飲水不足や脱水、排尿回数が減少すると、尿中の塩濃度が高くなり濃縮尿が長い間留まることになり結石が形成されやすくなります(③)。

 

・フード中のマグネシウム量が増えると形成が促進されます(④)。

 

・犬では細菌感染によるpHの上昇により尿石の形成が促進されます。猫では尿路感染がなくても形成されることが知られています(⑤)。

 

 

シュウ酸カルシウム結石

 

 

・尿中のカルシウムやシュウ酸の増加(①)

 

で形成されます。

 

・フード中の過度の蛋白質、カルシウムやビタミンD、シュウ酸の前駆物質(アスコルビン酸、グリシンなど)を多く含んだ食事も尿石の形成を促進します(④)。

 

・尿の酸性化は高カルシウム尿症や低クエン酸尿を促進して尿石が生成されやすくなります(②)

 

【症状】

 

尿石の存在する場所や大きさ、閉塞の程度により様々です。

 

腎結石:症状を示さず大きさが変化しない場合が多いですが、結石が尿管の方に流れて閉塞する可能性もあるので注意が必要です。

 

尿管結石:完全に閉塞すると症状は急速に進み、激しい痛みを引き起こします。腎臓が尿を排出できずに水腎という状態になります。

 

膀胱結石:結石が小さい場合は症状が現れにくいですが、結石の数が多くなったり大きくなると膀胱粘膜を傷つけ、排尿時の痛みや頻尿、血尿などが見られます。

 

尿道結石:雄では尿道が細いため、結石がつまりやすくなります。排尿時の痛み、血尿のほか、完全に閉塞すると膀胱破裂や尿道破裂が起こったり、尿が身体に不要な排泄物を外に出すことができず尿毒症になり全身状態が悪化し、腎臓は急性腎不全の状態になります。

 

 

【診断】

 

頻尿や血尿、排尿時の痛みなどの症状や食事内容などの聞き取り、尿検査、超音波検査X線検査による結石の存在の確認(結石の組成によってはX線で確認できない場合もあり)、血液検査などにより診断を行います。

 

細菌感染が疑われる場合は、尿の培養を行い、抗菌薬の選択に使用します。

 

特にシュウ酸カルシウム結石では、高カルシウム血症の原因となる腫瘍、甲状腺、上皮小体の異常などがないか全身の状態を確認する必要があります。

 

【治療】

 

治療は内科的治療(特に食事療法)を行いますが、尿路閉塞があり緊急性がある場合や結石の溶解ができない場合、外科手術により尿石を摘出します

 

リン酸アンモニウム・マグネシウム(ストルバイト)結石を溶解させるためには、尿中のリン、アンモニウム、マグネシウム濃度を低下させ尿のpHを正常に戻す処方食を利用します。

 

また尿路感染が深く関与しているために抗菌薬の投与を行います。

 

シュウ酸カルシウム結石は溶解させることができないため、過剰のカルシウムとビタミンDを含む食べ物を避けたり、シュウ酸塩やシュウ酸の前駆物質であるビタミンCを多く含む食べ物を控えるようにします。

 

結石の生成を抑えるため、ミネラルやビタミン、タンパク量を調整し、pHを適正にする処方食を利用します。

 

また、水分の摂取を増やすために、ドライフードへの水の添加やウエットフードの利用などを行います。

 

 

尿路結石は再発しやすいため、食事管理や水の摂取などに気をつけ、定期的に健康チェックすることが大切です。

 

2019年2月11日更新

だんだん暑くなってきましたね。私は夏に日光を浴びながら走るのが好きなので早く夏が来ないかなと思っていますが、どうぶつ達には過ごしにくい季節です。暑さ対策をそろそろ始めていきましょう。

 

 

話は変わりますが、先日の夜、

 

 

腎臓病のサプリメント&皮膚病のシャンプーについてのセミナーに参加してきました。

 

勉強して新しい知識が得られる喜びが、昔よりも増してきている今日この頃です。

 

 

勉強した中で、おうちの方に覚えておいて頂きたい点を簡単にまとめてみます。

 

腎臓病について

 

□腎臓に異常値が出てきた初期段階で、食事の栄養管理(特にリンの制限)が必要です。

 

□リンの制限は療法食+リン吸着サプリメントが望ましいです。

 

□腎臓病ではお腹をこわしやすいです。整腸剤などを使って腸の善玉菌を保ち、悪玉菌を減らすことが、腎臓病の進行抑制、症状の緩和につながります。

 

腎臓は一度壊れてしまうと元には戻りません。しかし、腎臓をケアしてあげることで、悪化のスピードは遅くできます。腎臓病とうまく付き合っていきましょう。

 

皮膚病のシャンプーについて

 

□皮膚の表面の角質層は、「皮膚バリア」として外部刺激から皮膚を守り、内部からの水分の喪失を防いでいます。皮膚病の子では、皮膚バリアが弱い場合が多いです。

 

 

□正しいシャンプーの仕方。

角質層に35℃以下の水分を含ませます(5分間)→角質層にしっかり泡立てたシャンプー成分をマッサージするように浸透させます(10分間)→シャンプーが残らないよう優しくすすぎ洗いします(35℃以下で)→優しくタオルドライ+ドライヤーをかけます

 

 

□必要なシャンプーは個々の体質や皮膚の状態によって違うので、適切なシャンプーを獣医師と相談して選ぶことが大切です。

 

 

□皮膚バリアの弱い子には、低刺激&保湿性の高いシャンプーが推奨されます。

 

 

これからの時期、皮膚病は非常に多くなってきます。シャンプーは治療の一つの柱ですので、シャンプーを適切に選び、使えるように、一緒に考えていきましょう!

2018年4月28日更新

10/30から、最新の尿検査機器を導入しました!

 

 

 

この機械、

検査精度が高いのはもちろんのこと、

 

UPC(尿タンパク/クレアチニン比)という項目を測定できるため、

いつもの尿検査で腎臓機能がより詳しくわかるようになりました。

 

 

定期的に尿検査をしている子はもちろん、尿検査を受けたことがないという子も、

おしっこだけお持ち頂ければ検査可能ですので、気軽にお声がけください。

2017年11月3日更新