スタッフブログ

 

膝蓋骨脱臼(パテラ)とは、膝(ひざ)のお皿の骨(膝蓋骨)が、本来収まる大腿骨にある溝(滑車溝)から外れてしまう病気です。

 

 

動物は無症状の場合もあれば、歩き方がおかしくなったり、痛がったりすることもあります。重度の場合は成長に伴い、足の骨の変形が起こります。

 

 

中〜大型犬よりも小型犬に多い病気で、多くは先天的にもしくは発育過程で起こり、膝蓋骨が内側へずれる内方脱臼が一般的です。片足もしくは両足で起こります。

 

なお猫では稀な病気です。

 

 

 

膝関節を構成する骨は大腿骨、膝蓋骨、脛骨です。大腿骨には滑車溝というくぼみがあり、ここに膝蓋骨が収まっています。

 

これを筋肉、靭帯や腱、関節包などの組織が支えています。

 

 

【原因】

先天的な骨格や筋肉の異常が多く、生まれた時あるいは子犬のころから見られるのが一般的です。

 

ポメラニアン、トイプードル、ヨークシャ・テリア、マルチーズ、チワワなどの小型犬で多いことが知られています。

 

交通事故や高いところから飛び降りたなどの外傷が原因で発症することもあります。

 

【症状】

 

急にキャンと鳴き、後ろ足を気にしている(特に初めて脱臼が起こった時)

 

・歩きづらそうにしていたり、痛がったり、後ろ足をあげる(時々〜いつも)

 

・後ろ足に力が入らない

 

後ろ足を伸ばしたりする(自分で脱臼をなおそうとしている)

 

・軽度の場合や慢性化していると痛がらないこともある

 

・軽度の場合は歩行は正常であることもある

 

・重症の場合は骨が曲がってしまっていることもある

 

重症度の分類(Singletonによる分類方法)

 

状態を評価するために以下のような分類を用います。

 

グレード1:通常は膝蓋骨の脱臼はないが、激しい運動や手で押すと脱臼が認められる状態

 

グレード2:膝蓋骨は脱臼しているが自分で、もしくは手で押せば容易に元に戻る状態、脱臼と整復を行き来している状態

 

グレード3:完全に脱臼した状態。手で押せば元に戻すことは可能だが、離せばすぐに脱臼してしまう状態

 

グレード4:完全脱臼で手で戻すことはできない状態

 

 

重症度分類は、症状とは必ずしも一致せず、グレード1でも大変痛がる子もいれば、グレード4でも全く症状が認められない子もいます。

 

 

【診断】

 

症状、歩様、足の変形の有無等を確認します。

 

さらに触診で膝蓋骨の位置を確認し、手で押して脱臼するのかまた戻るのかを確認し重症度分類をします。

 

X線では膝蓋骨の位置、大腿骨、脛骨の位置や変形の程度を確認します。

 

膝の痛みを訴える場合は、骨折や膝の靭帯の損傷、変形性関節症、捻挫、腫瘍などの可能性もありますので、他の病気の可能性も考えながら診察をすすめていきます。

 

 

【治療】

 

グレード2以上で疼痛、機能障害が見られる(将来出る可能性がある)場合、内科治療で再発を繰り返す場合、などでは状況を考慮して外科手術が実施可能です。

 

 

術式には大腿骨の溝を深くして膝蓋骨を外れにくくする滑車溝形成術内側広筋、内側膝蓋支帯、関節包の解離術外側膝蓋支帯縫縮術脛骨粗面転移術、大腿骨の骨切り術など様々な方法があり、これらを組み合わせて行います。

 

 

治療をせずに脱臼を繰り返すと、膝関節の軟骨が擦れて痛みを生じ次第にうまく歩けなくなったり、前十字靭帯の断裂変形性関節症の原因になることがあるので注意が必要です。

 

 

内科治療としては、体重管理を行い関節への負担を減らし、非ステロイド系抗炎症剤鎮痛剤を使ったり、補助的にレーザー治療サプリメントを使用する場合もあります。

 

 

環境整備として、滑りやすい床は避け、マットを敷くなどの対策を行います。

 

 

足の裏の毛をカットして滑りにくくしてあげることもできます。

 

 

ジャンプや段差の上り下りなど過度な運動を避けます(適切な運動の仕方を指導します)。

 

 

一時的であったり軽度であれば、上記の方法で上手く付き合っていくこともできます。

 

 

歩き方がいつも違うなど気になることがあればお早めにご相談ください。

2020年3月14日更新

 

 

レッグペルテス病は、太ももの骨である大腿骨の骨頭部分が壊死してしまうために痛みやうまく歩けないといった症状がでる病気で、数ヶ月〜1歳前後の若齢の小型犬に多いことが知られています。

 

特に、トイ・プードル、ミニチュア・ピンシャー、トイ・マンチェスター・テリアで多い病気です。

 

 

股関節は、大腿骨の球状の部分の大腿骨頭が、骨盤の寛骨臼というくぼみに包まれています。

 

 

【原因】

 

大腿骨頭への血液が遮断されてしまい、壊死、崩壊することで起こります。

 

感染や炎症反応ではなく、あくまで血流不足により栄養が届かなくなり骨頭部分が死んでしまいます。

 

遺伝的な影響やホルモンの影響などが提唱されていますが、はっきりとした原因は不明です。

 

数週間をかけて徐々に進行します。

 

 

【症状】

 

痛みのために足を地面に着けることができなくなり、浮かせたりするなど歩き方に異常が見られます。

 

歩きたがらなかったり、食欲がなくなることもあります。

 

股関節のあたりを触られるのを嫌がったり、痛い部分を気にして舐めたり噛んだりすることもあります。

 

片足の場合もあれば、両足に発症する場合もあります。

 

初期には痛みがなくても、数週間〜数ヶ月かけて進行し、大腿骨頭の崩壊が起こると急激に症状が悪化し変化に気づくことがあります。

 

 

【診断】

 

触診で股関節の痛みが見つかります。

 

進行すると股関節の動きが悪くなったり筋肉が萎縮して足が細くなります。

 

X線検査では、大腿骨頭が変形したり崩壊、脱臼しているなどの所見が認められます。

 

 

膝の関節部分の膝蓋骨脱臼などでも足が着けないなどの症状が認められるため、他の病気の可能性も考えながら診断します。

 

【治療】

 

病院に受診する頃には、大腿骨頭が崩壊していることが多いです。

 

そのため、外科手術により壊死・崩壊した大腿骨頭と大腿骨頭頸部の切除を行います。

 

これは痛みの原因を取り除き、その周りの筋肉や新たに再生される組織偽関節と呼ばれる偽物の関節を作ることを目的としています。

 

手術後にはリハビリを行い、偽関節がスムーズに動くようにしていきます。

 

痛みを緩和するために非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDs)を使用します。

 

小型犬は体重が軽いこともあり、多くはこの方法で健康な子と同じように歩けるようになります。

 

しかし、手術前の時点で発症から時間が経っている、筋肉の萎縮がひどい場合などは回復が難しいこともあります。

 

また回復具合によっては、激しい運動を行なった後や寒い雨の日などは、歩き方がおかしいなどの症状が見られる場合もあります。

 

**********************************

 

発症から時間がたってしまうと、筋肉が萎縮してやせ細ったり、関節が変形することで手術後の機能回復に時間がかかったり難しい場合もあります。

 

元気がなく歩きたがらない、足が着けないなどの症状が見られたら動物病院に早めに相談しましょう。

2020年2月14日更新

最近、このような変化が見られるようになったら、それは単なる老化ではなく「痛み」が原因かもしれません。

 

・散歩に行きたがらなくなった、行っても走らなくなりゆっくり歩くようになった

 

・階段や段差の上り下りを嫌がるようになったり、動作がゆっくりになった

 

・家の中や外であまり動かなくなった

 

・ソファー、イス、ベッドなどの高いところへの上り下りをしなくなった

 

・立ち上がるのがつらそうに見える

 

・元気がなくなったように見える

 

・飼い主や他の犬と、またはおもちゃなどで遊びたがらなくなった

 

・尾を下げていることが多くなった

 

・跛行(足を引きずったりケンケンしながら歩くなど)がある

 

・寝ている時間が長くなった、もしくは短くなった

 

引用:動物のいたみ研究会「慢性痛を見抜くポイント」

 

痛みの原因はもしかすると、関節の病気である「変形性関節症」かもしれません。

変形性関節症は、高齢の犬や猫で多い病気であることが報告されています。

 

原因と病態

 

変形性関節症は、加齢や体重の負荷、あるいは関節の脱臼や靭帯の断裂など他の病気に伴い発生します。

 

これらの原因により、軟骨が変形し破壊されて薄くなり、クッションとしての機能が低下してしまい、骨が擦れ合い、痛みが発生します。この変化は非可逆性(元に戻らないこと)のため、早期発見と進行を遅らせることが大切です。

 

診断

ポイントは、他の病気を除外診断することです。

 

飼い主様による臨床兆候の情報は非常に重要です。病院ではその情報をもとに触診等で症状を確認する他、歩行検査をしたり、関節の可動域を確認したりします。また、X線検査により骨棘や関節液の貯留が見られることがあります。

 

治療と管理

減量:体重過多な場合は、減量によって関節への負荷が減るため、臨床症状が緩和される場合があります。

 

抗炎症薬の使用:軟骨の破壊を抑制するとともに慢性痛の疼痛管理を行います。

 

適切な運動:関節の可動域や筋肉を維持することで、関節への負荷を減らします。

 

理学リハビリテーション療法:マッサージや温熱あるいは寒冷療法、各種歩行運動、バランス運動、レーザー療法などを行います。

 

サプリメント:オメガ-3脂肪酸、グルコサミン等。最近では、フードに添加されているものもあります。

 

環境整備:滑りにくい素材のものを床に敷く、ベッドは体圧が分散できるものにするなどの工夫をします。

 

細胞療法:関節内にADSC(脂肪幹細胞)やPRP(多血小板血漿)を注射する治療が近年注目されています。

 

病気の状態に合わせて治療を行い、様々な工夫を行うことでどうぶつたち生活の質(QOL)の向上につながります。

2018年10月23日更新