スタッフブログ

 

外耳炎とは耳介、外耳道に起こる炎症のことで、耳が赤くなったり、熱感をもったり、腫れたり、耳垢が増えたりします。

 

 

また痒みを伴うため、我慢できずに自分で掻きむしってしまい、悪化させてしまうことがあります。

 

 

外耳炎は、体調や季節の変化で現れる軽度で一時的なものもありますが、犬種や個体の特性で罹患しやすい、あるいはアトピーや食物アレルギーなどが基礎疾患としてある場合は、慢性化して繰り返し治りにくくなることがあります。

 

 

このような場合は特に正確な病状把握と診断、治療がポイントとなります。

 

 

【原因】

 

外耳炎の原因としては以下のPSPP分類が提唱されています。

 

実際は一つの要因だけでなく複数の因子が組み合わさって起きていることが多いです。

 

主因(Primary causes)それだけで外耳炎を引き起こす原因となるもの。

 

・食物アレルギー、アトピー性皮膚炎

 

・脂漏症や脂線炎などによる角化異常

 

・寄生虫感染(ミミヒゼンダニ、毛包虫)

 

・異物(毛や植物、砂などによる刺激)

 

・内分泌疾患(甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症等)

 

・分泌腺過形成、ポリープや腫瘍など

 

副因(Secondary causes)

健康な耳ではそれ自体で病気を起こさない、あくまで他の因子(多くは主因、まれに素因)に続発して生じる。これ自体は比較的容易に取り除くことが可能。

 

・細菌やマラセチアの増殖

 

・過剰洗浄、投薬など不適切な処置

 

持続因子(Perpetuating factors

 

外耳炎が起こった後に生じて、外耳炎を長引かせる因子。

 

耳道の浮腫や狭窄、上皮移動障害(耳垢が排出されにくい)、中耳炎につながる増殖性の変化

 

素因(Predisposing factors)

 

外耳炎の発生前に存在している因子で、それがあると外耳炎に罹りやすくなる。

 

・耳道の中の耳毛が多い(例:プードル、シュナウザー)

 

・耳道が狭い(例:シャーペイ)

 

・耳が垂れている(例:バセット・ハウンド)

 

・耳道の中の分泌腺が多い(コッカー・スパニエル)

 

・耳の中が高温多湿になる(頻繁な水泳や入浴)

 

・免疫が抑制されている状態

 

 

【症状】

 

左右どちらかあるいは両方の耳が、赤くなったり腫れたり耳垢が増えてくることで気づきます。

次第に、痒みのために、頭や耳を振ったり、足で掻いたり擦り付けたりするようになります。

 

進行すると耳が分厚くなり、色素沈着や赤みが目立ち、外耳道が狭くなってしまいます。この頃には痛みのため、耳を触られるのを嫌がるといった行動も見られます。

 

またアトピーや食物アレルギー、内分泌疾患等を持っている場合は、耳だけでなく全身にも様々な症状が認められることがあります。

 

【診断】

 

耳の観察はまず肉眼で行い、その後耳鏡を使って外耳道鼓膜を確認します。

 

左右差があるのか、どの部位にどの程度の炎症があるのか、耳垢の量耳道の細さ、耳道中に異物やポリープなどはないか、耳毛の量鼓膜の損傷程度などを見ます。

 

耳道がかなり狭くなってしまう等慢性化している場合や痛みが非常に強く耳を触らせてもらえない場合は、鎮静下あるいは全身麻酔下でオトスコープを使用して観察を行います。

 

オトスコープでは、耳道内部の観察と同時に組織生検や異物の摘出も可能です。

 

耳鏡↓

 

 

オトスコープ↓

 

 

耳垢検査では耳垢を採取して、スライドガラスに塗りつけて顕微鏡下で観察します。

 

耳垢は角質と脂などが混ざり合ったもので、細菌やマラセチア、寄生虫が繁殖している場合があります。

 

また耳の症状だけではなく、その他の皮膚も注意深く確認します。アトピーや食物アレルギーの症状の一つが耳に現れている可能性もあるからです。

 

 

皮膚にこだわらず、全身の状態も把握した上で診断が必要です。

 

内分泌疾患が原因の外耳炎の場合は、食欲や飲水、排便排尿、体温等の一般状態に変化が見られる場合があります。

 

【治療】

 

直接的な原因が明らかになった場合は、例えば異物なら除去ミミダニなら駆虫等行います。

 

 

脂漏症の動物では、定期的な耳の洗浄食事管理等を行い長く付き合っていく必要があります。

 

 

アトピーが疑われる場合は、根気強く治療を行う必要があります。

(詳細はどうぶつ医療コラム『アトピー性皮膚炎』:http://www.takei-amc.com/wp/blog/column-atopy/

 

内分泌疾患などがある場合はその疾患ごとの治療を行う必要があります。

 

 

外耳炎を悪化させるような要因がある場合(細菌やマラセチア、耳垢過多等)は耳道洗浄を行います。

 

耳道洗浄は、耳鏡などにより鼓膜や耳道を確認して、洗浄が問題ないと判断した場合に行います。

 

鼓膜の損傷の有無によって使用できる薬剤も異なります。

 

 

耳道洗浄により過剰な耳垢を除去するだけでなく、細菌やマラセチア等も除去することで耳道の環境を整えます

 

 

これにより点耳薬の効果も高めることができます。

 

 

病院では洗浄液や生理食塩水を用いて適度に水圧をかけて丁寧に洗浄していきます。

 

 

激しく痛がる場合などは鎮静下あるいは全身麻酔下でオトスコープを用いて観察しつつ治療を行います。

 

 

耳道洗浄を家庭で行う場合は、必ず獣医師の診断と指導の下に行って下さい。

 

 

 

点耳薬には、抗菌薬や抗炎症剤があり症状に合わせて使用します。

 

 

また重度の場合や全身に症状が認められる場合は内服薬も使用します。

 

 

 

以上のように内科療法を行うことが基本ですが、慢性化して耳道が肥厚し極端に狭窄していて内科治療ができないあるいは効果がない場合は、外側耳道切除術、垂直耳道切除術、場合によっては全耳道切除術等の外科手術が適用になる場合があります。

 

 

外耳炎は軽度で一時的なものもありますが、慢性化すると動物は常に痛みや痒みに悩まされQOLが低下します。

 

耳が赤くなっていたり、痒がる様子が見られたり、いつもと違うなと気づいたら早めに診断と治療を受けると良いでしょう。

 

 

2019年7月30日更新

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは皮膚から入ってきた環境中のダニなどの抗原に過剰に免疫が反応してしまい、しつこい痒みなどの皮膚症状を繰り返す病気です。

 

アトピー性皮膚炎を発症するどうぶつはアレルギーになりやすい遺伝的な素因を持っており、皮膚はバリア機能が低下し外部からの刺激を受けやすい状態です。

 

健全な皮膚であれば環境中の抗原(ダニ、埃、カビ、ノミ、植物等)が内部に侵入しないように、表皮の細胞がタッグを組んでバリアの役割を果たしています。

 

しかしながらアトピー性皮膚炎の場合には、バリアの機能が弱まり、抗原が細胞の隙間から侵入してしまいます。

 

すると、体内の免疫細胞が「異物が入ってきたぞ」と集まって様々な信号を発信し、痒み物質や炎症性物質の放出も続きます。続々と他の細胞も集まりアレルギー性の炎症が起こります。

 

どうぶつは痒みから皮膚を掻いてしまいます。するとさらに皮膚のバリアが破壊され、些細な刺激に敏感に反応して症状が悪化してしまうのです。また痒み自体もどうぶつにとって、大きなストレスであり、ストレスが病態を悪化させます。

 

 

 

 

 

適切なコントロールで良好な状態を維持する

 

体質が関与するので、持続的なコントロールが必要な病気です。

 

例えば、転んで擦り傷を負った場合、必要な処置をすればしばらくすれば治って元どおりになります。しかしアトピーの治療の場合は、元々の素因も関係するので単純ではなく、処置をしたから治って終わりとはいかないのです。良くなったり悪くなったりしますし、再発します。

 

しかしながら、なるべく良い状態を維持するために、投薬やシャンプーなどを組み合わせた治療を行うことができます。

長期的なコントロールが必要にはなりますが、適切にコントロールできればどうぶつも飼い主さんのストレスも軽減できる病気です。

 

 

【原因と病態】

原因は完全には明らかになっていませんが、以下のような様々な因子が複雑に関与して発生することが知られています。

 

・遺伝的に皮膚の状態が悪かったりアレルギー反応を起こしやすい体質を引き継いでいる

 

・環境抗原に敏感に反応してしまうアレルギー体質

 

・環境抗原(ホコリ、ダニ、植物など)が周りに存在している

 

・表皮細胞間のつなぎをする物質(セラミドなど)が不足しており、バリアが弱い皮膚を持つ

 

・分泌腺の異常により皮膚が乾燥している、あるいは皮脂や汗の過剰分泌で皮膚の状態が悪化している状態である

 

・ストレスを受けている

 

・食物アレルギー(併発している場合が多いことが知られています)

 

 

【症状】

アトピー性皮膚炎に罹患する犬の多くは6カ月から3歳までの間に症状が始まります。

 

皮膚の症状としては初めは紅斑と小さな丘疹が見られることがありますが、多くは痒みのあまり自分で掻きむしってしまい、痕ができたり、脱毛や色素沈着、苔癬化(皮膚がごわごわして硬くなった状態)などの二次的な皮膚症状が認められます。

 

症状が認められる部位は顔、耳のくぼんだ部分、首の腹側部、腋窩、鼠径部、腹部、会陰、尾の腹側部、四肢端が挙げられますが、特に初期の段階では必ずしもこれらの部位に発生するわけではありません。

 

 

慢性化すると細菌やマラセチアの感染を受けやすく二次感染により痒みも増強します。

 

 

【診断】

アトピー性皮膚炎の診断には除外診断が不可欠です。具体的には外部寄生虫や細菌、真菌、脂漏症などによる皮膚炎を除外します。

 

またホルモン疾患や自己免疫性疾患、腫瘍の可能性も除外する必要があります。

 

食べ物が原因の可能性もあるため、食物アレルギーの可能性を除外します。その上でアトピー性皮膚炎に特徴的な臨床所見と病歴から判断します。

 

 

アトピー性皮膚炎の診断基準が示されていますが、全ての動物がこれに当てはまるわけではありません。

 

 

アトピー性皮膚炎の診断基準

 

  1.  ・3歳以下に初発
  2.  ・ほとんど室内飼育である
  3.  ・グルココルチコイド反応性の痒み
  4.  ・痒みが発疹に先行する
  5.  ・前肢の病変
  6.  ・耳介の病変
  7.  ・耳介辺縁には病変がない
  8.  ・背側―腰部には病変がない

 

5つ当てはまると感度(アトピーに罹っているもののうちこの判断基準で陽性となる割合)は85%、特異度(アトピーに罹っていないもののうちこの基準で陰性となる割合)は79%

6つ当てはまると特異度は89%に増加するが感度は58%に減少する。

: Favrot C, Steffan J, Seewald W et al. A prospective study on the clinical features of chronic canine atopic dermatitis and its diagnosis. Veterinary Dermatology 2010; 21: 23–30.

 

【治療】

急性のアトピー性皮膚炎では炎症に引き金となっている因子を可能な限り特定し排除します。

 

非刺激性のシャンプーを使用して皮膚と被毛を清潔にし、軽度の場合は局所的なグルココルチコイドの投与を行います。また感染が認められる場合は抗菌薬を使用します。

 

 

重度かつ広範囲に症状がある場合は副作用に注意しながら経口のグルココルチコイドも使用します。

また、掻痒誘発性サイトカインであるIL-31等のJAK(ヤヌスキナーゼ)阻害薬であるオクラシチニブの経口投与も使用できます。

 

 

慢性のアトピー性皮膚炎では急性と同様に炎症の引き金となる因子を特定して排除し、非刺激性のシャンプーを使用して皮膚と被毛を清潔にします。

 

また抗炎症に関する必須脂肪酸を含んだサプリが使用できます。

 

慢性のアトピー性皮膚炎では薬物投与が効果的です。

 

痒みと皮膚の障害が重度な場合は、抗炎症薬の投与により軽減させます。

局所及び経口のグルココルチコイドやカルシニューリン拮抗薬である経口薬のシクロスポリンや局所投与薬のタクロリムスを使用する場合があります。またオクラシチニブや免疫のバランスを調整するリコンビナントイヌインターフェロンγも使用できます。

 

 

IgE検査などで原因となる抗原が明らかになっている場合、免疫療法(減感作療法)といってどうぶつの体内に抗原を徐々に投与して、アレルギー反応を抑える治療法を行うことが可能です。

 

 

減感作療法についてはこちらもご覧ください。

http://www.takei-amc.com/senmon/atopi.html

 

 

アトピー性皮膚炎といってもその状態はどうぶつごとに異なるので、各々にあった治療法を選択することが重要です。

 

 

 

2018年11月12日更新

だんだん暑くなってきましたね。私は夏に日光を浴びながら走るのが好きなので早く夏が来ないかなと思っていますが、どうぶつ達には過ごしにくい季節です。暑さ対策をそろそろ始めていきましょう。

 

 

話は変わりますが、先日の夜、

 

 

腎臓病のサプリメント&皮膚病のシャンプーについてのセミナーに参加してきました。

 

勉強して新しい知識が得られる喜びが、昔よりも増してきている今日この頃です。

 

 

勉強した中で、おうちの方に覚えておいて頂きたい点を簡単にまとめてみます。

 

腎臓病について

 

□腎臓に異常値が出てきた初期段階で、食事の栄養管理(特にリンの制限)が必要です。

 

□リンの制限は療法食+リン吸着サプリメントが望ましいです。

 

□腎臓病ではお腹をこわしやすいです。整腸剤などを使って腸の善玉菌を保ち、悪玉菌を減らすことが、腎臓病の進行抑制、症状の緩和につながります。

 

腎臓は一度壊れてしまうと元には戻りません。しかし、腎臓をケアしてあげることで、悪化のスピードは遅くできます。腎臓病とうまく付き合っていきましょう。

 

皮膚病のシャンプーについて

 

□皮膚の表面の角質層は、「皮膚バリア」として外部刺激から皮膚を守り、内部からの水分の喪失を防いでいます。皮膚病の子では、皮膚バリアが弱い場合が多いです。

 

 

□正しいシャンプーの仕方。

角質層に35℃以下の水分を含ませます(5分間)→角質層にしっかり泡立てたシャンプー成分をマッサージするように浸透させます(10分間)→シャンプーが残らないよう優しくすすぎ洗いします(35℃以下で)→優しくタオルドライ+ドライヤーをかけます

 

 

□必要なシャンプーは個々の体質や皮膚の状態によって違うので、適切なシャンプーを獣医師と相談して選ぶことが大切です。

 

 

□皮膚バリアの弱い子には、低刺激&保湿性の高いシャンプーが推奨されます。

 

 

これからの時期、皮膚病は非常に多くなってきます。シャンプーは治療の一つの柱ですので、シャンプーを適切に選び、使えるように、一緒に考えていきましょう!

2018年4月28日更新

 

アトピー性皮膚炎にお悩みのわんちゃんは多いと思います。

 

先日、獣医アトピー・アレルギー・免疫学会に参加してきました。

 

 

 

今回はその検査、診断や治療について、日本トップの研究者と世界トップの研究者、フロアの参加者の間で議論が行われました。

 

 

その中でも面白いなと思ったのが、「プロアクティブ療法」「抗IL31モノクローナル抗体」です。

 

 

「プロアクティブ療法」とは、簡単に言うと、「症状が落ち着いている状態で週に2回予防的に薬を塗る治療」です。

今まで一般的に行われてきたのは、「リアクティブ療法」と言って、症状が悪化したときだけ薬を使用し、調子が良くなったらやめるというものでしたが、プロアクティブ療法の方が、リアクティブ療法よりも再発するまでの調子の良い期間を長くできるという報告が近年出てきています。

これをうまく使って、痒みを抑えつつ副作用が出ないような治療ができれば良いと思っています。

 

 

 

もう一つの「抗IL31モノクローナル抗体」は、すごい薬です。

犬のアトピー性皮膚炎の痒みにはIL31という物質(サイトカイン)が関係しているのですが、この薬はピンポイントでその機構を邪魔するため、副作用がほとんどなく痒みを軽減することができるようです。

日本ではまだ未承認の薬ですが、現在製薬会社が承認に向けて動いている途中ですので、今しばらくお待ち下さい。

 

 

2017年8月8日更新