スタッフブログ

12月23日にパピークラス・クリスマス特別企画を開催しました。

 

はじめにエリザベスカラーをつける練習を行いました。

 

エリザベスカラー皮膚病などの病気になった時、手術・入院した時に使う可能性があり、嫌がらずに慣れておくと、ストレスを軽減することができます。

 

今回はクリスマス企画ということで、サンタやトナカイの被り物やカラフルなエリザベスカラーを使いながら、苦手意識を持たないように練習するコツを紹介しました。

 

 

 

 

次は「おやつ当てゲーム」です。4つのコップからおやつの入っているコップを当てるゲームです。

4つもあるので難しいかもしれないと思ったのですが、わんちゃん達は自慢の嗅覚を使って

「これだよ!これでしょ!」といった様子で当てていました。

 

 

今回クリスマスの時期に気をつけたい病気として、「チョコレート中毒」、「鳥骨の誤食」を紹介しました。体感して頂いたように、わんちゃんたちの嗅覚は非常に鋭いので、手の届かない場所に置くことが大切です。

 

次のコーナーは「いつもと違う人からおやつをもらえるかな?」です。

 

人間の社会で一緒に暮らしていくためには、メガネをかけている人、傘やキャリーバックを持っている人、杖を使っている人にあっても過剰に反応しないことが大切です。

 

当院のスタッフが様々な格好で登場し練習をし、苦手なものの克服法もアドバイスをしました。

 

 

最後のプレイセッションでは、楽しくじゃれたり、力を加減したり、遠慮したり、それぞれのペースでコミュニケーションの方法を学んでいました。

 

 

参加して頂いた卒業生のコーギーさん、現役生のチワワさん、マルチーズとペキニーズのミックスさんとそのご家族、ありがとうございました。

 

 

今後もどうぶつと人の快適な暮らしに役立つ企画をしたいと思っています。

2018年12月24日更新