スタッフブログ

今回のコラムは猫の肥満細胞腫についてです。

前回の犬の肥満細胞腫のコラムとの共通部分が多くありますので、以下のリンクもあわせてご覧ください。

どうぶつ医療コラム『犬の肥満細胞腫』

 

肥満細胞(=mast cell)とは

骨髄の造血幹細胞由来の細胞で、炎症や免疫反応に関わる細胞です。細胞質の顆粒内にヒスタミン、ヘパリン、セロトニンなどの多くの生理活性物質を含み、生体の防御機構を担っています。人で身近なものだと、花粉症などのアレルギー反応に関わっています。

図1:肥満細胞模式図

 

この細胞が腫瘍化したものが肥満細胞腫です。太っているからなるの?とよく聞かれますが、肥満とは全く関係がありません。

 

猫の肥満細胞腫は猫の腫瘍のうち約2-15%を占める腫瘍であり、以下の図のように分類されています。

 

図2:猫の肥満細胞腫の型別分類

 

より一般的なのは皮膚型です。近年の報告では、シャム、バーミーズ、メインクーン、ラグドール、ロシアンブルーなどが好発品種とされています。皮膚型のうち60%ほどを高分化型が占めており、良性の挙動をとります。低分化型の割合は約20~30%です。低分化型は細胞形態的には悪性ですが、良性の挙動を取るものも多いです。約10~20%で認められる非定型型は主に4歳以下のシャムに発生し、自然退縮することが多いと言われています。

 

イメージ

*高分化→成熟しており増殖しにくい=悪性度が低い

*低分化→未成熟で増殖しやすい=悪性度が高い

 

内蔵型脾臓型消化管型に分類され、発見時に高率に転移を起こしています。脾臓型では脾臓に発生し、肝臓への転移や肥満細胞血症(全身の血液に腫瘍細胞が見られる)が認められることが多いです。消化管型は主に小腸に発生し、広範囲に転移するなど悪性度が高く予後不良と考えられています。

図3:猫の指間部に発生した皮膚型肥満細胞腫(高分化型)

 

症状

皮膚型では基本的に皮膚腫瘤以外は無症状ということが多いです。悪性度の高い肥満細胞腫では、食欲不振、体重減少、嘔吐下痢、通過障害といった消化器症状、腫瘍随伴症候群としてアナフィラキシーショック、出血、消化管の潰瘍、貧血、胸水腹水などが認められることがあります。

 

診断

腫瘤の細胞診で診断が可能です。

図4:猫の皮膚肥満細胞腫の細胞(高分化型)

 

細胞診で診断がつかない場合、組織診断が必要です。血液検査や血液凝固検査、X線検査、CT 検査、超音波検査、骨髄生検などで転移の有無の確認、腫瘍のステージ分類を行います。また分子標的薬による治療を見越して、c-KIT遺伝子変異の検査を実施する場合もあります。

 

治療

共通して外科手術が第1選択の治療です。悪性度の高いもの、転移病変のあるものに対しては化学療法(プレドニゾロンやロムスチン、イマチニブ、トセラニブなどの分子標的薬)を状況に応じて組み合わせて行います。化学療法の効果に関しては未知の部分やばらつきが多く、今後の研究に注目が必要です。化学療法の副作用の管理も重要です。

 

皮膚型

犬では腫瘍の辺縁を広く切り取るのが良いとされていますが、猫ではどのくらい切り取ると再発しにくいかという明確な基準はなく、切除マージン(切り取る大きさ)は予後に関係ないという報告もあります。外科手術単独で良好な予後が得られることが多いです。

 

脾臓型

脾臓摘出などの治療で長期生存(中央生存期間132~865日)が認められているという報告があります。手術時に輸血や腫瘍随伴症候群の予防が必要になることが多いです。

 

消化管型

診断時点で既に広範囲に病変が拡がっており、外科手術が不適応となる場合が多いです。病変が消化管の一部に限局している場合は外科手術が可能ですが、一般的に術後の生存期間は短い(3ヶ月以内)です。近年、外科切除や化学療法により比較的長い生存(中央生存期間518日)が認められたという報告も出てきています。

 

腫瘍随伴症候群の治療

顆粒放出による症状を抑えるために、抗ヒスタミン薬、ステロイド剤、粘膜保護剤などを使用します。細胞診の検査時に必要な場合もあります。

 

院長からのひとこと

猫の肥満細胞腫は良性の挙動を取るものがほとんどですが、油断せず、早期診断早期治療を目指しましょう。悪性の挙動を取るものに関しても、治療法の研究は進んでいますので、一度ご相談ください。

2021年5月17日更新